インフォメーション

HOME > インフォメーション > スタッフブログ

  • 轍

    大型の台風が日本に接近しています。自然に対しては人間は無力だと毎回大きな災害を経験するたびに実感します。我々に出来ることは最大限被害を少なくするという小さなことかもしれませんが、とても重要なことでもあります。
    10月も半ばになろうとするこの時期に台風が発達するほど気候は温暖なようですが、その一方で東京ではインフルエンザが流行しだしているようです。例年では11月中頃から流行しだすようですが、11週間も早く今年は流行が始まったようです。
    自然災害や病気など好ましくない事象はたくさんあります。目を背けず正面から受け止める姿勢も必要なのかと思う今日この頃です。日本全国の皆様の安全を祈って。

    詳しくはこちら

  • 轍

    非常勤の看護師、パートさんを募集いたします。
    週に3~4日働ける看護師さん、一緒にお仕事をしませんか。経験がなくても大丈夫
    仕事と家庭の両立もバッチリです。とても働きやすい職場です。
    詳細は当ホームページの求人情報をご覧ください。
    まずはお気軽にご連絡ください。

    詳しくはこちら

  • 轍

    10月になりとうとう消費税が増税されました。
    先日は介護保険の単位が上がるという記事を書かせていただきましたが、医療費も増額されます。
    私ども訪問看護ステーションもいくつかある請求金額のうち訪問看護管理療養費が上がります。


    月の初めに算定される
    機能強化型訪問看護管理療養費1は12400円⇒12530円
    機能強化型訪問看護管理療養費2は 9400円⇒ 9500円
    機能強化型訪問看護管理療養費3は 8400円⇒ 8470円
    上記以外の場合は7400円⇒  7440円
     
      月の2日目以後は2980円⇒  3000円
    となります。これらも厚生労働省が決定した金額になります。
    上記の金額を含めた医療費全体の内、利用者様の負担割合に応じて1割~3割の金額をご負担いただきます。

    詳しくはこちら

  • 轍

    当事業所には理学療法士協会に認定された地域包括ケア推進リーダーの資格をもつスタッフがいます。
    この地域包括ケアシステムは来る超高齢社会に備えて地域で医療・介護・看取りまでを実施していこうという趣旨があります。今の病院や施設の数では今後の高齢者や障害のある方を収容するにはあまりにも少ないということは明らかになっております。推計では40万人の医療・介護難民が出ると予想されています。
    そこで在宅に医療・介護の現場を移し、高齢者や障害のある方々を支援していこうという考え方が生まれ、地域包括ケアシステムと名付けられました。
    私ども轍は7年前から在宅での医療、介護に向き合い、どのような支援が有効で喜んでいただけるかを模索してまいりました。利用者様の尊厳を守り、自立した生活を支援できるよう努めて参ります。

    詳しくはこちら

  • 轍

    対人援助の技術の一つでミラーリングというものがあります。これは相手のしぐさや姿勢を時には言葉や声色などを模倣する技術です。
    相手が無意識に行うしぐさ。例えば髪をかき上げたり、腕を組んだり、人は会話の中で少なからず動きが生じます。これらの動きをさりげなく、あくまでも相手に悟られないように行うことで相手との信頼関係、専門用語でいうとラポールが形成しやすくなります。
    初対面の人でも出身地が同じだったり、趣味が同じだったりすることで一気に打ち解けて心の距離が近くなることは日常でもよく経験されることです。
    ただ、あからさまに行ったり、頻回に模倣することで相手に気づかれてしまうと逆効果になり、悪い印象を与えてしまう可能性もあります。
    実行する際はくれぐれもご慎重に。

    詳しくはこちら